みんなの応援

1,113

野島けんじ

『ここは、ぼったくりカフェ』第38話をお届けします。
人は、いろんな人に守られています。
年上の人たちに。
同年輩の人たちにも。
年下の人たちにだって。
知恵を授けてもらったり、
相談にのってもらったり、
支えてもらったり、
etc
多くの人は、守られていることを自覚していません。
親や先生の存在は「当然」
友人やクラスメートの笑顔は「日常」
後輩や目下の子たちの存在は「特に気にしない」
人は、
教わることで成長し、
他者と対等にぶつかることで学び、
だれかに教えることで学び直します。
「生きる」という「至高の幸せ」を特に意識することなく生活しているわたしたち。
たまにでいいから、「守ってもらってる」ということに感謝したいものです。
次週は、彩巳がふと見かけたネコの霊にまつわる物語です。
興味をもっていただけると幸いです。
それでは、またのお越しをお待ちしております。

この作品が気に入ったら読者になろう!