みんなの応援

888

野島けんじ

『ここは、ぼったくりカフェ』第56話をお届けします。
TVでは、痛ましいニュースが毎日のように報じられています。
ひとりの人間が、ある日、未来への道筋を断たれてしまう。
それはつまり、その数だけ「他者の命を奪った人間」がこの世にいるということで……。
肌寒さを感じます。
「他者の命を奪った人間」にも様々な事情があるでしょう。
しかしながら、他者の命を奪うという行為は、いかなる言葉を積み重ねても正当化はできません。
そのなかでも特に忌むべきは、「利益」のために他人の命を奪うことだとぼくは考えています。
利益>他人の命、という思考。
そして、それを実行に移すという冷酷さ。
これはもう最悪です。
ほんと、
最悪です。
次週、彩巳と幸人が簡単な仕事を処理した結果、とんでもないことに……、
興味をもっていただけると幸いです。
それでは、またのお越しをお待ちしております。

この作品が気に入ったら読者になろう!