みんなの応援

564

山口誠

というわけで、一呼吸おいて、いつもの探偵部が始まりました!
今回は少し長めになる予定です。多分。
さて、皆様の暖かいコメントで作家コメントをはかどらせていただくコーナーです!
今回は「推理小説ってどうやって考えてるの?」という質問について。
推理小説に限らず、ショートとかもですが、私は結構『映像』が頭にある感じです。
浮かんだ映像を取捨しながら文字に落としていくって感じですかね。
映像が「ソファーに座った男女が別れ話をしている」だったとして、序盤の状況説明なら「ソファーに座っている男女」的な文だし、終盤の別れるってことなら「男は静寂を破るように、重い唇を開く」みたいな?
推理小説の場合も同じですが、文字に落とした後が少し数学的かも。
このトリックのミスリードはここに置いて、確実に提示したいヒントはこっそりこの文に埋めて…みたいな。
割と解決編を書いているときに加筆して仕上げていきますね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ