みんなの応援

964

藤春都

というわけでクリスマス編その4です。今、明かされる歴史の真実(どうでもいい)編です。
光秀は一度は出してみたかったので作者はたいへん満足です。なお『稲葉家譜』は真贋怪しい資料なのですが、いちばん笑えたので採用しました。(笑)
 
カツラはともかくとして(汗)稲葉・明智間の家臣引き抜き問題は、最近の研究で本能寺の変の有力説とされているものです。(光秀の母を信長が見殺しにしたというのは後世の創作)この引き抜きに絡んで稲葉・明智の板挟みとなった武将は斎藤利三といい、本能寺の変と山崎合戦の後に処刑されますが、彼の娘はのち徳川家光の乳母(春日局)として大奥で権勢を振るうこととなります。歴史の因果というか武家社会の人間関係ほんと狭いなと言うべきか。
 
そしてオススメ・コメントありがとうございます! 作者の本棚には死体がどうとか毒とか犯罪の本が並んでいます。趣味と実益(仕事)を兼ねています。(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!