みんなの応援

191

killy

歪んだ人間関係は、はたで見ている人たちには瞭然でも、それを構築している本人たちには自覚できないものです。
周囲はもどかしいですが、気づいていない本人たちに何を云っても、容れてもらえないのですよね。
セナは今のところ、自分を崇拝してくれるリオを気に入っていますので、自分から進んで彼女を解放することはなさそうです。
リオも、はたの意見はどうであれ、現状に満足しています。
リオがこの「友情」の異常性に気づいて、セナから離れようとしたときが、リオの幸せの終わりの始まり、になるのでしょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!