みんなの応援

192

killy

学校で先生との二者面談は、緊張しましたね。
killyは、可も不可もない、どこにでもいる一般的な生徒だった(はず)ですので、面談なんて、進路相談時にしかありませんでしたが、それでも、あの時間は苦痛でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!