みんなの応援

189

killy

異世界いったら魔法ですね、と、すごい偏見を云いだします。
異世界に召喚されたり迷い込んだ主人公が、チート的な魔力を付与されて大活躍する物語は、読んでいてすかっとします。
killyもそんな爽快な物語が大好きです。
だのにイル・セランナではなぜ魔法を使えないのかと申しますと、本文中でダモーナがつぶやいているのがその理由です。
死人を生き返らせる魔法があったら、探偵役はいりませんね。
被害者が蘇生されるのを待てばいいんですから。
……。
そうしても良かったかな、なんて今さらながらに思っています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ