みんなの応援

207

killy

自由民ではない = 奴隷 というわけではないです。判り辛かったらごめんなさい。
このお話に出てきます、日本から来た子たちには、あえて苗字を使わせていません。
 
イル・セランナにおける苗字は、血族や一族など、本人が所属し、その庇護を期待できる社会集団を表すものという設定を考えていますが、このどちらも持っていない彼らには、名乗るべきものがないのです。
 
頼るべき、帰属する母体集団も、彼らは持ちません。
今のところ、王が庇護者になることで、ある程度は守られていますが。それだって、王の気持ち次第でいつでも打ち切られる可能性があります。
ほとんどの子たちは気づいていませんが、彼らはかなり危うい状況にあるんですね。
 
こう考えると、異世界転移って、けっこう怖いかも…です。

この作品が気に入ったら読者になろう!