みんなの応援

217

killy

朝一番最初に目にするもので、一日の気分が違ってくる気がします。
きれいに晴れた空や花が見れたら、とってもハッピー。
もし、湖や海の傍で暮らせることがありましたら、killyも、朝いちばんにそれらが見れますようにベッドを配置したいなあって思います。
もっとも、寒いのは嫌ですので、窓はしめたままにしますけれど。
ヒロトたちが、与えられた環境に甘えすぎなのは、killyも思います。
一部突出した技術は(過去の客人たちの働きによって)伝わっていますが、基本中世ヨーロッパに似た世界で、平成日本レベルの生活は物品を要求するのって、すごい贅沢ですよね
云い訳させていただきますと、レーヴネン王の気前が良すぎるんです。彼らの要求する物品が、イル・セランナではどれほど高価で貴重なものなのか伝えずに与えているせいなんです。
どうしてレーヴネンはそんなことをするのでしょう。それは…

この作品が気に入ったら読者になろう!