みんなの応援

352

沢村治太郎

お読みいただき、ありがとうございます。
 
※本話より吹き出し切り替え機能に対応いたしました。
 
>ゲームやってるみたい。めっちゃ面白い(第33話)
貴方様、なかなかに鋭いですね。
本作品は「ゲーム」という形を少しだけ意識して書いております。
イロハが無口で受け入れ癖がある理由も、「主人公」としてプレイヤーがイロハを動かしてみた時を想定してのものだったりもします。
 
――さて、次回のin situ!! 実験体の冒険は『ヒミコの手記 その4』
そこんとこ、よろしく。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ