この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

451

沢村治太郎

お読みいただき、ありがとうございます。
ここまでをイントロと考えて書いていました。
次回から、いよいよ冒険物語らしくなってきます。
出会いと別れ、そして彼と彼女の成長を描いてゆきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

この作品が気に入ったら読者になろう!