みんなの応援

120

千穐こけら

「ああ、なんかやっと役者がそろってきたという感じだね」
「なにがだよ、どこがだよ! ムダに人多いだろうが!」
「違うよ、こけらはホント前半で仕掛けをするから。ようやく一通り終わって、これから広げに広げた風呂敷を畳むんだよ」
「【1】で全部解消するんだろうな」
「さあ?」
「おい?」
「だって【1】だよ、佐籐くん。【1】。ナンバリング注意だよ、あいつ」
「もう嫌な予感しかしねえ」
「【2】以降でも【1】の解消をするそうです。でも【2】はそれどころじゃないかもね」
「おまえさては【1】の最後まで台本読んだんだな。……ほんとに俺、心労でハゲそうなんだけど」
「イケメン坊主って人気らしいよ。いっそ刈ればいいんじゃない?」
「おまえ、後ろ向きでポジティブで毒吐きなんだな……」

この作品が気に入ったら読者になろう!