みんなの応援

149

千穐こけら

「歩です!」
「杳介です!……ってなんか漫才コンビみたいだぞ」
「無精ものの作者こけらに成り代わり、これからは僕たちが舞台裏をご案内していきますね!」
「無視かおい……しかしなんだか息が切れてるんだけど。作中走ってたせいか?」
「それはね佐籐くん。こけらが体感したこの半月の気分だよ。怒涛の四月だったようだから」
「ちゃんと整うのか、息?」
「整わせるんだよ。なんとしてもね」
「……目が笑ってねえぞ」
「よかったら皆さん、応援してくださいね~」
「歩、笑顔怖いって……あ、はい。応援してくださいねー(棒読み)」

この作品が気に入ったら読者になろう!