みんなの応援

110

千穐こけら

「……あれ、僕、ずいぶん寝てた?」
「歩! 歩だな? くるの遅えよ! マジおまえいなくて、俺が欄外でどれだけ大変だったか!」
「大変だったの?」
「読み返してみろよ。この二週、心労で倒れそうだったよ」
「そうなんだ。お疲れ様でした。毎週読んでくれた皆様にも感謝です。というか、台本を通しで一気に読んだときにげんなりした部分が終わってやっとほっとしたよ」
「あれ、おまえ【2】は読んでねえの?」
「佐籐くんもう読んだの?」
「読んだに決まってんだろ。……おまえさ、こんなんで酷い目回が終わったと思ったら大間違いだかんな」
「そんなダメインフォ要らないけど」
「この先も、体力つけとけよ。バテるぞ。保たねえぞ。この夏をもっかいやるようなもんだぞ」
「酷暑猛暑に匹敵するSって。皆さんも残暑のSっぷりに負けないよう体力つけて乗り切ってくださいね」

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ