みんなの応援

105

千穐こけら

「さて『見鬼眼 幽明の少年【2】』が始まりました! こんにちは、初登場シーンをいつも誰かに奪われる……主人公・合福歩です!」
「サブヒーロー・佐籐杳介です……ってそれよりおまえな、前回大変なこと見逃してんぞ!」
「何?」
「おまえが告白した時だよ。あの女の顔、見てねえだろ。こっち見て……」
「そんな! 彼女、別に『ニヤリ』とかしてなかったよ!」
「してたんだっつうの! おまえあの時なにも見てないだろ! あの女が殊勝に頬染めるとか、絶対ありえないからな! お兄ちゃん認めないからな!」
「だから君、ブラコンだのシスコンだの、あげくBLだのって言われるんだよ」
「嫌そうに言うな! 過保護の何がわるい! 俺の弟にあんな性悪女がくっついてたまるか」
「……あー【2】は嵐の予感しかしない。気温差の激しい毎日ですが、どうかみなさん体調管理は万全に!」
「台風と突然の妖怪の襲撃には気をつけろよー」

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ