みんなの応援

86

千穐こけら

「やっとタイトルが出たね佐籐くん!……あれ、何げっそりしてるの」
「げっそりもするだろうよ。なんだこの漢字地獄。手で書けって言われたら書けねーだろうに」
「そうでもないかもよ。今、こけらのブームは写経だから」
「写経? って、あの」
「そ。般若心経。なんか間食の代わりに写経してんだって。間食、ちょっとは減ったらしいよ」
「バカか。それでも痩せてねえんだろうが!」
「まあ本文の字数が減る心配より、それはないねえ。むしろ本文、ここから先はどんどんボリューミーらしいし。こけらも絶賛増量中」
「作者の腹肉の心配はしてねえっつの。まあ仕方ねえな。みなさん頑張って読んでくれな!」
「読書って消費カロリー結構高いらしいので、ある意味ダイエットかもしれないですよ?」
「作者肥え太りながら書いてますんで、読者さんくらいはダイエット成功してもらわないとな」
「あ、最初から読んでみるのもいいかも!」
「鬼か!」

この作品が気に入ったら読者になろう!