みんなの応援

89

千穐こけら

「怒涛だな」
「文字数もね。かなりモリモリだよ」
「ということで、この話もいよいよ佳境です」
「残すところ、あと3話です!」
「本編だけでいうと、あと2話か……ってか、この話どうなるんだよ!?」
「王則引き込んだ張本人がそれ言う~?」
「本編にはつっこまねえよ。てか俺らのこのグダグダ漫才もあと2回だしな」
「みんな頑張って読んでくださいね、最後まで!」
「後3話ってことは、年内完結なのか?」
「そうだよー。しかもプレ最終回はクリスマスイヴ、最終回は大晦日だよ」
「そうか、忙しくてみんな読めない日に当たってんのか」
「作者は暇だよきっと」
「言ってやるなよ(笑)12月17日、24日、31日はなんとしてでも読んでくれよな」
「あ、大晦日は僕の誕生日です!」
「……ちゃっかり何のアピールだ歩」
「今年こそ、いい誕生日になりますように」
「……切ねえってそれ(涙)」

この作品が気に入ったら読者になろう!