みんなの応援

134

千穐こけら

「お、ようやくキナ臭い展開になってきたか」
「酷い目に遭っちゃったよ。知ってたけどさ。こけらって作品に関してはドSなんだもん」
「まあな。ここから先、歩が無傷で済むとは……誰も思わないもんな」
「貧乏くじ引かされてる? 僕」
「いや。最大の貧乏くじは今回どこかの仙女が引いてるはず……っと、なんか変な風吹いてきてないか?」
「佐籐くん、シー! あの人はこけら以上に陰口叩くとマズいから」
「おいおい、大丈夫かこの話。じゃあ性格いいのは俺らだけってことか?」
「……あ? う、うん。そうだねー」
「そこだけ台本みて喋んなよ!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ