みんなの応援

123

千穐こけら

「……おまえんち、すげーんだな」
「すごくないよ。どうしたの?」
「いや……伯母さんもすげーけど、なんか……おまえがすごいんだなっていうのがちょっとわかってきた」
「なにそれ」
「女性って強いよな」
「うん、そこはホントにそう思う。とにかく女性には絶対に口答えはするなっていうのが伯父さんの口癖でね」
「……俺もそれ、メモっとくことにするわ。てか、マジで受け身とか大丈夫なの?」
「あ、伯母さん手加減知ってるから。平気だよ」
「うわ……なんかよけー怖いなその情報」

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ