みんなの応援

261

亜夷舞モコ

さて、33話でした。
戦に突入する第1話ですね。
これからいろんな人の語りで、1話を作り上げる形になっていくと思います。読みにくいかもしれませんがご容赦ください。現在執筆中ですが、できる限り呼びやすく頑張ります。
さて、今回は猫の逸話からの話が始まりましたが、
猫の話といえば、この話の根幹である沖田と黒猫の話というのもありましたね。
死の淵にあった沖田が切れなかった黒猫の伝説。あれがこの「オニごっこ」という物語の始まりでした。
沖田総司の死に際の話は、小学生のときに読んだ本で初めて見たのを今でも覚えています。その衝撃が今でも、記憶に残っていて、こうして物語を綴れているのですから、人生とは不思議です。
黒猫さんにこの場で感謝を捧げます。
さて、残り6話ですね。頑張ります!!!!!

この作品が気に入ったら読者になろう!