みんなの応援

188

矢口武

どもです。矢口武です。
今週もお読みいただき、感謝感激雨あられです。
 
さてさて。
先週より始まりました群像劇編、その2回目となります。
今回は、ほぼまるまるオッサン2人の会話になってしまったので、正直すまないと思っている。
 
2人が妄想できればうまく話が転がりそうなのに、2人で妄想できる機会がない!
そんなやきもき加減を感じていただければ。
 
で。
話は変わりますけれども、妄想∞で妖精さんが現実として出てきてるっぽいお話は、都合4回ほどあります。
どんなお話に出てきたのか、パッと覚えているでしょうか?
お暇がありましたら、読み返して探してみてもおもしろいと思います。
  
それでは、今回はこの辺で!
(`・ω・´)ノシ

この作品が気に入ったら読者になろう!