みんなの応援

166

山口洋一

第四十四話をお読み頂きありがとうございます、山口洋一です。
ノベル単行本にしてほぼ二冊(少し厚め)の分量にて、ようやく第二章が終わりましたー
ここまで書ききる事が出来たのも、ひとえに読者の皆様の応援があってこそです。本当に感謝です^^
二章は色んな波乱が起き、そして最後まで波乱で終わりました。
クレアは一体どうなってしまったのか、来週もお読み頂けたら嬉しいです。
さて、二月に入りましたね。
寒さもいよいよピークを越え、まだまだ寒い日は続きつつも、段々と暖かくなってくる時期でもあります。
そして、奴が姿をあらわす……
へーくしょい。
おかしいな、暖かくなってきたのに鼻水とくしゃみが止まらないぞ? でも風邪の割には熱は無いんだよなぁ。それに涙もボロボロと……←現実逃避
今年もまた、奴との戦いが、始まる山口洋一でした♪ へーくしょーい

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ