みんなの応援

130

山口洋一

五十五話をお読み頂きありがとうございます、山口洋一です。
熊本で発生した地震で被災された皆様に、お見舞いを申し上げます。
私などに出来ることは何もありませんが、一日も早い被災地の復興を願っております。
さて、本編。文化祭が始まりました。
海妖精喫茶です。
海妖精喫茶なのです!!←二回言った
ええ、言葉はいりません。小説なのにそれでいいのかって思いますが、いらない時はいりません。
素敵なイラストを堪能しちゃってください^^
そしてお話の最後の道端の小石のような運命の出会い。
果たして彼女は誰なんでしょうか。バレバレな気がするのは気のせいです。、
颯太くんがわかってないならOKなんです。
主人公は鈍感! これ基本ですね^^
以上、まずは募金から山口洋一でした^^

この作品が気に入ったら読者になろう!