みんなの応援

340

冬瀬穂琉

ども、冬瀬穗琉です。
今回の話は「あー、圭汰うらやましいなぁ」とか思いながら書きましたー。
書いた後に思いましたけど、すごいシチュエーションですよねコレ。背景のピンク多用です(笑)
ちょっとでもドキッとしてもらえたら嬉しい限りですっ!
では、毎回コメント・オススメありがとうございます。
次回の話もよろしくお願いしますー(^_^)/!あでゅー!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ