みんなの応援

193

月宮桜堂

どうも月宮桜堂です。
 
僕ね、タイプライターが欲しいんです。
でもあれは英語しかロクに打てないですからね、
タイプライターもどきのキーボードがほしい。
 
もとを辿ればですね
月宮くんヒステリー的には
ぼかぁ小さなころゲームが好きで
とくにカプなんちゃら制作の
バイオなんちゃらとかいう
サバイバルホラーがもうね
大好きだったんです。
シリーズナンバーの1と0と4は
嫌というほどやりましたね。
2と3はちょっと違いました。
僕の中では。
 
それでほら、アレのセーブ。
タイプライターじゃないですか。
その影響が残っていたのですかね。
 
こう、ね。
タイプライターかっこいいなって。
そういう憧れ。
 
で、タイプライター型のキーボードがあるんですがね、
六万とか十万とかするんです。
キャ―ッ!(断末魔)
 
もうあとがきの文字数制限がやってきました。短いですね。
月宮でした。ばいばい

この作品が気に入ったら読者になろう!