みんなの応援

143

星野黒

そのころビルの屋上では
本郷「爾名さんから金色の光が!これは手品ですか!?」
ライニ「いや使徒って言ってたじゃないか!まさか使徒が本当にいただなんてアンビリーバボー!」
アル「うわあああなんだありゃあああああ超光ってるぞスゲエエエエエ!!」
一流「静かにしてください」
とても盛り上がっていた。
 
次回、最終回!

この作品が気に入ったら読者になろう!