みんなの応援

316

化野きつね

前略、読者様
 
 
 大正の頃まで女性は着物の下にはなにも付けてなかったと聞きます。
 大正、着物、看板娘――ふむ。
 いえ、深い意味はないんですよ。ええ、まったく。
 
 禁酒法の制定された架空の大正時代で進行する本作品ですが、アメリカと同時期に禁酒法が出来ただけの世界ではありません。日本史・世界史共に様々な理由で歴史年表が所々書き換わっております。東京の都心がアメリカナイズされているのも、史実とは異なる東京市の郡部編入も、そのへんと何かしら関係があるのかもしれません。
 
 おいおい重要になってくるであろうその辺りの歴史改編部分に注目するもよし、大正時代の着物の奥に隠された看板娘の肌色に関する歴史的考察を深めるもよし、楽しみ方は人それぞれです。
    ……ふう。
 
 次回もお付き合いいただければ幸いです。
 
 
   草々(*´ω`*)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ