みんなの応援

659

愛川高明

六話目です。ここまでご閲覧頂きありがとうございます。
ついに佐久間が犯人にたどり着いたようです。なんか名探偵のようなことしています。ゲス魂はどこへいってしまったのか、と思ってる皆さん。大丈夫です。佐久間は佐久間ですから。
一話前のコメントで自分の事にも少し触れると書きましたので、ペンネームについて書きたいと思います。このペンネーム、愛川高明という名前は実は少し意味があります。といってもこれだけでは普通の名前です。これで自分の書く主人公の名前を古柳李音という名前にすると意味、というかある名前が出てきます。
多分、大半の人はこれでもわかりませんし、説明しても「・・・・・・は?」ってなると思います。あるものに関して詳しい人にしかわからないです。
・・・・・・もしかしたら、自分のTwitterのトップ画を見ればわかるかも。|д゚)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ