みんなの応援

1,066

餅月望

こんにちは、餅月です。
さて、今回のお話は髪型のお話しでした。
ところで髪型だけでなく、他人に指摘されるとイラッとすることってありますよね。
明らかにそうした方が良いと思うことであっても個人の自由という壁に阻まれて、なかなか言えないことってありませんか? 餅月は割とあります。
でも、口出せず波風立てなきゃいいのか、というと実はそんなこともないんじゃなかろうか、とも思うのです。
どこまでが個人の自由で、どこからが口を出した方がよいことなのか。線引きはとっても難しくて。
でも、結局のところは、たぶん口出しした結果にまで責任をとれるのか、というあたりが大事かななんて思うのです。本当に相手のためを思い、その責任を負うつもりがあるなら、言ってあげるのが友情というものでしょうって。
というわけで次回は髪飾りを買いに行くお話。あれ? これってデートなんじゃ……?
次回、またお会いできると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ