みんなの応援

1,635

子丈

はじめまして、またはお久しぶりです。
子丈(しじょう)です。
  
今回のお話は、お茶碗にまつわる諸々です。
美味しそうな題名ですが、これっぽっちも美味しくはないです……ごめんなさい。
  
素敵な表紙絵ですよね。
お茶碗の中に入っているのは髪と歯です。
はじめて見たときは私も「こわ……」と思いました。
でもなんとなく、歯って米粒に似ていませんか?
  
髪も歯も、自分自身の一部であるときには過保護なくらい大切にするのに、どうして自分の身体から離れると「こわい」とか「きもちわるい」とか思ってしまうのでしょう。
とっておいても、ゴミになるだけだから?
自分の為にがんばってくれたものなのに、不思議ですね。
まあ私も抜け毛や乳歯は捨ててしまうのですが……。
   
ここでお世話になるのは三回目です。
どうか今回も、最後までお付き合いいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

関連お知らせ