みんなの応援

138

井村一海

ブラスバンッ!
つってどうも作者です。
基本的にスポーツ全般が好きなんですが
野球が本妻ならバスケは愛人という感じで
長い間密かに親しくさせて頂いております。
高校時代昼休みに毎日体育館でバスケをしていたのは
今考えると人生で最も青春っぽいエピソードのひとつだなと我ながら思います。
まぁその頃はテニス部(幽霊部員)だったんですけどね。

この作品が気に入ったら読者になろう!