みんなの応援

125

井村一海

どもども。
今回は演劇のお話です。
劇作家の経験もない僕がこんなお話を書いていいのだろうかなんて思ったりもしましたが
よくよく考えたらそもそもド新人のクセに偉そうに物語制作のお話を書いているのだから
今更気にすることでもないかという結論に至りました。
リアリティが無くても面白ければいいのである。
そして面白いは人それぞれである。
 
あ、そういえばいつの間にかフキダシ有無機能追加されてますね。
皆さんどちらで読んでますか?
基本的にcomicoノベルで書く以上フキダシ前提で書いていますし
おそらくこの物語に関してはフキダシ無しだと読みにくいというか読めないんじゃないかなと思いますが
それでも俺は無しで読んでるぜって方はいますかね?
いたら目立ってください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ