みんなの応援

107

井村一海

第30話でした。
いやーここまでくるとあれこれ補足するのも野暮ですよね。
感じたままに感じていただければ。
 
あ、終了を惜しむコメントありがとうございます。
自分が書いた物語の終わりを残念に思ってくれる人がいるというのは不思議なものですね。
まるで作家になった気分です。
どうか残りの2話も皆様と僕にとって良きお話でありますように。

この作品が気に入ったら読者になろう!