みんなの応援

102

雨皿茅端

初めてちゃんと書ききることの出来た小説でした。そんなボクが、最後まで書き通すことができたのは、担当さん、イラストレーターさんのおかげです。本当に迷惑かけてばかりの連載でした。そして、ここまで読んでくださった読者の皆さん、コメントを寄せくださった皆さん。本当にありがとうございました。他に言葉がみつかりません。反省だらけの連載でした。ただ、全力で毎週書きました。それが、皆さんの中に少しでも残るようなものになっていたらと思います。半年間ありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ