この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

久遠冬真

こんにちは、久遠冬真です。
3話です。
今回のこころはまだ大人しかったですね。
こんなにがっつり恋愛ものを書いた事がないので、かなり新鮮です。
主人公たちの感情が分からず戸惑う時もありますが。
話を書いていると、メンチカツや玉子焼きが食べたくなります。
なので、コンビニに買いに行きました。
自分では作らない。
作ってくれる人が現れたりしないかな、と無駄な期待をしています。
今回の話で出てきた朱莉。
料理上手な子が友達だったら、お昼のお弁当とか作ってもらうのにな〜と思いながら書いてました。
朱莉は完全に僕の理想です。
いきなりですが、僕のマイブームはコンビニにある色んなチョコを食べ比べる事です。
普通のミルクチョコも少しずつ味が違って面白いです。
僕は、ミルクチョコやホワイトチョコよりビターチョコが好きです。
もうすぐバレンタイン!楽しみです(^^)
では、また。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ