この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

黒猫ハヤト

初投稿です!
男って単純な生物ですよね。女の子がこっちを見てクスクス笑っているだけで「俺の事好きなんじゃね?」と勘違いするくらい単純です。
この間だって電車に乗っている時、二十歳くらいの大人しそうな女性と同じつり革に掴まろうとしてしまい、手が触れ合って「あっ……ご、ごめんなさい」と小声で言われただけで「あ、この子俺に惚れたわ」と思ってしまったほどですからね。
い、いや? 一瞬だけですよ? その後、我に返って「……俺ってバカだな」って自己嫌悪するんです。
男はみんな、女の子とイチャイチャできる生活を夢見ている。必死に妄想して、全力で大怪我をする。
そんな男子諸君を応援したい。そんな思いを込めてこの作品を書きました。
男子諸君は「あるある……」女子諸君は「男子ってかわいそう……」と思って頂ければ幸いです。
……あと、これを見てかわいそうと思った女子は、少しだけ男子に優しくしてあげてください。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ