この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

篠騎シオン

第二話です。
誰もいない空間で書き続ける小説はなんだか甘くて怖くて切ないですね。
いつか、誰かがこのページに訪れた時に、魔法にかかるような世界を作りたい。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ