この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

8

如月蛍

※薬の表現がありますが、ファンタジー世界でのフィクションの表現です。推奨する旨は一切ありません。

如月蛍です。過去4章終了です。もじゃぁ、とするかもしれませんが、あまり全てを書くと色々と最終話に向けて面白くなくなるので… 読者様のコメントにもありました通り、朏=月詠=十六夜=冷月、です。紛らわしくてどうしたものか悩みました… そして伏線、ですね。どきっとしました、読んでからのお楽しみにしていただけると嬉しいです(笑)

さて、完結が近付いてまいりました。と言ってもあと数章ありますが、やっとです。なんとかハッピーエンドにしてみせます、とも…寒くなってきました。最近料理を頑張っているのですが、相方が豚キムチとクリームパスタを異常に欲します。何故だ…では、次回もよろしくお願いいたします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ