この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

伊吹水里

どーもどーも、伊吹水里です。
二年以上まともに長編を書いてこなかったつけですかね、相当なまっている気がします。それはこれから取り戻していくとしましょう。
この「カンノーネ」ですが、元々は眼鏡キチ……じゃなかった、時雨を主人公としたものでした。そのころの雛野は完全にモブで、まともな出番はほぼない立場で、名前があるだけみたいな感じでした。そのうち、雛野にスポットを当てるようになり、彼女を主人公としたという背景があります。
さて、続きは誠心誠意書いていきますので今しばらくお待ちください。
では今回はこの辺で。今回はオシロイバナを添えて。花言葉は「臆病」。今の雛野にはちょうどいいかもしれませんね……

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ