この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

にあ

はい、遅くなりましてすみません。
今回は割と地の文が多くなって会話がかなり少ない回となっております。もしかしたら読みにくいかもしれないですね……。
でもその分緊迫感が伝わればいいなあとか思ったり思ったり……。
まあそれはさておきですね、この間ツイッターの方で話数二桁おめでとうと来てですね、ぼんやりとああそうかもうそんな書いたんだーと他人事のように思ってました(笑)
でも長編なのでまだまだ続きますけどね。
もし皆様からのコメントやらおすすめボタンが一つもつかなくなったら途中打ち切りするかもですけど(笑)
けど誰か一人でも読んでくださっている方がいる限りにあ氏は書き続けますよ!
ということで今回はこの辺で失礼しますね。
次回恵ちゃんがしゃべる、と思いますので見届けてあげてください。それでは!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ