この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

163

石船海渡

ようやく今日で六勤が終わる…!
今朝起きる時がしんどくて、もう(色々と引退しても)いいかな…?って思いました☆
 
うめえと騒いでいた桃福っておかしを先日また貰って感動しました。
もっと流行って早く札幌でも催事をしてほしい…。
 
日々普通に生きてるのでそんなに面白ネタってないんですよね。
帰りに公園を通ってるんですが、友人から暇?とラインが入ったので駅に向かうなら戻らなきゃなあどうしようかなあと思ったんです。
道が細いので邪魔にならないようにと気を遣って街灯の下にいたんです。
結局家に帰る事になったのでそっと道に戻ったら、前を歩いていた男の人が突然現れた石船の気配にびびって振り向いた時の顔。
うわっ!っと凄い声で言われてかなしぶねでした。
そこでキヒヒとでも笑えたら良かったのに。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ