この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

173

石船海渡

今日朝起きるの辛すぎました。
もうずっと寝てたい。
でも石船転職時期ってダメ人間みたいな生活してました。
昼に起きてゲームして夕飯作ってみたいな…。
その頃やってたぼくのなつやすみ2が切なさを増加していきました。
 
干しこんぶとスッパイマンが好きです。
なんかうめえです。
 
昔、釧路に住んでいたんですが野良犬によく追いかけまわされてました。
あとすげえでかいカエルがぺしゃんこになっていたり、水たまりいっぱいにアメンボがいて落ちてたジュースを流し入れたら一斉に飛び立ったり…。
林の中の廃屋には一つだけ手作りのブランコがあって遊んでいたら、ドアが開いたけど誰もいなかったり。
嘘のような夕焼けを見ながら帰ったあの毎日。
 
懐かしいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ