この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

172

石船海渡

ナバロンロン、ナバロンロン。
シェアトとの対談でございます。
シェアト自体も甲斐が自分の後にあの任務に就いたとは知らない状態ですので、寝耳に水です。
 
六勤の週って、どうしてもワイシャツが足りなくなります。
洗濯しなきゃとは思うんですが、あれやこれやと予定を入れていると朝に悲鳴を上げる結果に…。
ううう、買い足せよって思いますよね。( ՞ةڼ )
 
そういえば、二年間伸ばした黒髪を染めました( ՞ةڼ )
アッシュに( ՞ةڼ )
さよなら石船の黒髪( ՞ةڼ )グッバイ
暖かくなってくると服に合わせて頭をぺかっとさせたい欲が…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ