この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

166

石船海渡

朝、通勤する際に出会う太って丸太のようなコーギーと飼い主のおばあちゃんに最近愛しさを覚えています。
コーギー、肥え過ぎてるし足短いけどちょこまかちょこまかと必死に歩いてるんですが、おばあちゃんがコーギーの扱い雑なんですよ。
 
今朝も狭い歩道で前からおばあちゃんが来ていたので石船が道路に出たんですが、いいから!いいよいいよ!とおばあちゃん。
| 婆犬 |
|  石  |
いや良くねえよ、石船VS犬使いみたいになっちゃうよ。
と思って道路歩いてたらおばあちゃんがコーギーをふくらはぎでゆっくり道路へ追いやって歩道から出した。
上がんなさい!とまるで自分の家のように言ってくれるので、上がった途端に石船の後ろから車が来たらしくおばあちゃんが急にリードを持ち上げてコーギーを引き上げた。
その時のコーギーの顔が『解せぬ!』みたいな顔してて一人で笑ってた。
 
そんな、朝。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ