この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

76

胡蝶陽夜子

読んで下さった方、ありがとうございます。
胡蝶陽夜子です。
更新遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。
言い訳をすると、色々と忙しくて書けなくて…。
公式作家さんを尊敬する日々です(^_^;)
屋上には勝手に行けませんし、まず鍵が開いてませんでした。でも学園マンガではかなりの確率で屋上のシーンあるんですよね(笑)なぜなのか…(笑)
オススメ・コメント等、よろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ