BEST 私が好きな君が好きなのは私で

小林丸々

♡ 724

第1話から読む

周平君に告白されて、私たちは両想いになれた……訳ではなかった。頂上を過ぎた観覧車はただ下っていくだけ。だって次にまた上がってきたときに乗っているのは、もう私ではないのだから。