この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

小山眇寨

 この前、一人で商店街にあるBARに行ったのですが、そこで信じられないことが起きました。
 そこは初めて行くお店だったのですが、雰囲気も良く、店員さんも明るく楽しいひと時を過ごしていました。すると話せないくらいに酔ったおじさん二人組みが来店し、店員の女性に絡みだしました。
 僕はかわいそうだなと思い、その酔っ払いを適当にあしらって帰らせました。するとBARのマスターが「これはお礼です」と、カクテルを作ってくれました。そしてしばらく経って、残っている客は僕だけとなりました。時間も時間だしそろそろ帰るか、と思いお会計をしようとしたら、女性定員がさっきまでの表情とは打って変わって悪魔のような表情で「32,320円です」と言ったのです。それから10分ほど口論になったのですが、最後にニッコリ笑顔で「ドッキリでーす」と言い正規の値段の伝票を僕に見せました。ほっとしたのですが、本当にドッキリだったのか?

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ