この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

272

紗雪ロカ

「やっだー!遅刻遅刻ゥ~」
やっほー!あたしえにぃ!更新予定日だったのにすっかり忘れててもううっかりさん☆
そんな私は今、納豆ごはんを猛烈にかき混ぜながら通学路を全力疾走してるの。
どしーん!
「きゃー!」
ところが曲がり角で向こうから走ってきた誰かにぶつかっちゃってもう大変!でもこれが運命の出会いだなんて、この時は思ってなかったんだ…
次回予告『異世界転生したら悪役令嬢だったので魔法学校で婚約破棄でざまぁでチートでハーレムですわ!』
続かない

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ