この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

262

紗雪ロカ

『勇者』が男だったか女だったかは不明。いきすぎた薬は毒になるっていうことです。
というわけで、長らく時間を開けてしまいましたが第二章完結になります!
行き当たりばったりで書いてるせいかシリアス要素が多めになっちゃって書いてるこっちがどうした!?って感じでした。
ありがたくも続きを読みたいといってくださる方が居たのでこの話ができました。感謝します
この後彼らがどうなったかは…それはまた別のお話(よくある手法)
ともあれ、ここで一区切りです。閲覧ありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ