この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

219

久代田ミト

どうも、初めて小説の画面を黒にして雰囲気の違いにビックリしてる久代田ミトです。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
初めましての方、これからこの作品を読み続けて頂けると非常に嬉しいです。
他の作品から来ていただいた方、私の作品を好きでいてくださって本当にありがとうございます。
はい、真面目タイム終わり。
初めましての方に勘違いされる前に言っておきますが、私はここに小説とあんまり関係ないことも結構書きますのでご了承ください。
改善の余地は欠片もありませんので諦めてください。
諦めて別物として楽しんでください。
さて、今日はもう後100文字しかないので特に何も語れませんが、この作品は大体週一くらいで更新していこうかなと、できたらいいなと思ってます。
では次回またお会いしましょう。
オススメボタンをポチっとしてくれると凄く嬉しいです(ボソッ

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ